サイトロゴ

電話でのお問い合わせはこちら 042-548-1655

パートナー企業

パートナー企業

株式会社 N&K JAPANでは、お客様のニーズにお答えするために、種々のサービス・ソリューションを取り扱っております。
各業界で豊富な実績を持ち、お客さまのニーズにあった最適なソリューションをお届けするパートナー企業をご紹介いたします。

ITソリューション

株式会社portia公式HP

B2B取引においても、キャッシュレス取引を実現可能なPortiaPAY(ポーシャペイ)決済代行サービスを展開。
また、B2B取引である卸売・商社機能・間接資材販売等をWEBでも実現するB2B専用のECサイトの制作。リアルタイム動画解析技術PoriaLyzeも製造。

  • B2B決済サービス
  • AI・開発事業

B2B専用オンライン決済サービス PortiaPAY(ポーシャペイ)を展開。かんたん&安全な支払いで、ビジネスにメリットいろいろ。あっという間に導入可能。与信、請求管理、収納管理、督促代行、入金保証など、B2Bに必要な機能だけを厳選し、万全のセキュリティシステムの搭載によって日本中で支持されています。

B2B決済サービス

AI(人工知能)による、リアルタイム画像解析クラウドシステムPoriaLyzeを製造。動画を録画する時代から、リアルタイムにAI解析する時代へ。介護医療、マーケティング、インフラ、防犯などあらゆるシーンで活躍します。

AI・開発事業
株式会社ヒラマ写真製版公式HP

印刷物全般の企画・デザイン制作・製版・印刷・製本をメインに、ウェブ制作・ECサイト運営、動画やAR/VR等のデジタルコンテンツ制作、各種ノベルティ製作など販促や集客支援に関するお客さまの課題解決に向けた多彩なサービスを提供しております。また、Googleより認定を受けたGoogle Cloud パートナー・G Suite正規販売代理店でもあり、G Suiteの導入支援や活用方法のご提案、G Suiteの豊富なツール群を応用したITサービスの実績が多数あります。

  • 印刷事業
  • ウェブ制作
  • ITサービス

ポスターやパンフレットをはじめチラシ・DM・カタログ・冊子・名刺・封筒・各種帳票類まで、あらゆる印刷物に対応しています。創業から長年にわたり培ってきた製版の知識、DTP黎明期から試行錯誤を繰り返しながら蓄積してきた安心のデータ処理技術、最新のICTを活用したスピードを武器に、企画から制作・印刷・製本まで質の高いサービスをワンストップでご提供。企業イメージの向上や商品の販売促進、イベント集客を効果的にサポートいたします。

印刷事業

各種ウェブサイトの企画制作・運用管理、ECサイトの企画制作・運営、CMS(コンテンツ管理システム)導入からサーバー構築まで全てお任せ下さい。弊社の強みである印刷事業と連動したLP制作や各種キャンペーンのご提案やデジタル・アナログそれぞれのメリットを活かした広告戦略のご提案など、ウェブサイトを効果的に活用して課題解決をサポートいたします。

ウェブ制作

Googleが提供する、世界で400万社以上に利用されているコラボレーションインフラであるG Suite。シンプルなインターフェースで設計された各サービスは、組織全体やチームのコミュニケーションを円滑にしてくれます。株式会社ヒラマ写真製版はGoogleより認定を受けたG Suite正規販売代理店であり、G Suite導入支援から活用のご提案、G Suiteの豊富なツール群を応用したITサービスの実績が多数あります。実績に裏付けられた質の高いサービスやサポートで、⾼度なソリュ―ションをご提供いたします。

株式会社東計電算公式HP

業種別の組織構成によりお客様の業務を熟知し、知識と経験を生かした業務システムをご提供いたします。
自社のデータセンターを保有しており万全な災害対策と高度なセキュリティのもとシステムをご利用いただけます。
物流業向け、製造業向けなど、さまざまな業種に特化したソリューションを取扱います。
物流/製造/流通・外食・食品製造/通販/住宅・建設/不動産など

  • 倉庫管理システム
  • 物流統合管理システム
  • ソリューション一覧

弊社データセンターを利用したクラウド型倉庫管理システム(WMS)です。
医療機器・医薬品、食品、日用品・雑貨品・アパレル品など多種多様な物流に対応しております。
ハンディターミナルやタブレット端末など様々なデバイスと連携することで正確な入出庫・在庫管理や各物流業務の効率化を図ります。

倉庫管理システム

物流統合管理システムは、WMSの上位に位置する物流システムです。
各拠点の物流情報を一元管理することにより物流全体の情報管理を効率化します。
複数センターの情報を統合的に把握することができ、他拠点との情報連携を効率良く行えます。
また、集約された情報をもとに物量や作業実績の分析を行い、物流業務の改善を促します。

物流統合管理システム
ソリューション一覧